何でもTatsuyang’s home

音楽/ゲーム/怪談/愚痴など何でも書きますw

スポンサーリンク

実家のすぐそばに住んで居たウサギ爺ちゃん( *´艸`)w

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

今日の一言

そう言えば面白い爺ちゃん居たなぁと

思い出したので書きたいと思います( ゚Д゚)w

はい!どうも!Tatsuyangです(*´▽`*)

 

中学卒業して働き出してから

夕方帰ってくるとき私の家のすぐ3件隣の

家の前でウサギを散歩させてる爺ちゃんが居ました

(*´▽`*)ウサタンw

 

そのウサギが物凄く人懐っこくて

イカツイ面してタバコ吸いながら歩いてる私に

近寄ってきては足にまとわりついてきて

 

抱っこしろと言ってるようだったので

抱っこして爺ちゃんの所まで連れて行ってやりました

 

爺ちゃんの年齢は知らないのですが見た感じ

80歳は超えてるなって感じですかね(・ω・)w

 

で、そのウサギがウサギのくせに重い事!重い事!(゚Д゚;)w重っ!

2キロ強くらいあったんじゃないでしょうか?w

 

爺ちゃんにウサギ野放しにしとくと

轢かれちまうぞ?と言って爺ちゃんの前に

降ろすとまだ抱っこしろとまとわりつくので

 

しょうがないから抱っこしてやりながら

爺ちゃんの話し相手をしてやる事にしました(´・ω・`)w

 

よくよく見ると爺ちゃんは

雪見だいふく位のちっこいチビウサを抱っこしてました

 

もしかしたらこの巨大ウサギはチビウサに

嫉妬していたのかもしれませんw

 

その爺ちゃんは歳の割にしっかりしていて色々

話を聞くと随分面白い事を話してくれました( *´艸`)

 

・私の地元に来たのは3年前くらいという事でした

(私は中学3年間ほとんど家に居なかったので会えませんでしたねw)

 

・それまでは東北の方にいて出たり入ったりしていた

(塀の向こうとこっちに行ったり来たりw詐欺・スリ・窃盗・空き巣などw)

 

・このままじゃイケないと思って出家したという事

(でも…坊主のくせにスナックやらピンクのお店に行っていたみたいですw)

 

・そんなある時、女性関係で女性の旦那にバレて揉めて〇してしまい

山奥に逃げたという事、それでお寺は破門になった事

(3年くらい山奥に逃げて暮らしていたけど結局見つかって塀の中w

山の中ではイノシシやシカ、鳥、ウサギ、

あらゆるものを食ったと言ってましたw

その中でもウサギが一番うまかったらしいw)

 

てな感じで色々あったみたいです( *´艸`)

どうしようもないなまくら坊主ですよねw

 

そんな話を仕事帰りに

会うたび会うたび聞いていました(*´Д`)w

まぁ7割ウサギ目的ですけどw

 

すると、ある時

一台のベンツが私と爺ちゃんの前を通りました

 

そのベンツが目の前で止まり

後部座席の窓が開き

おい…こんなとこで何してんだ?といかにも

偉そうなパンチパーマのお人が言うじゃないですか?Σ(゚Д゚)

 

はぁ?何って爺ちゃんと話してるだけだけど?と言うと

 

おめぇに聞いてねぇよ?爺ちゃんに聞いてんだ

爺ちゃん大丈夫か?このクソガキにたかられてないか?

何か合ったら俺んとこ連絡して来なと言って名刺を

爺ちゃんに渡そうとした…

 

その時!!

 

おい!お前!そうやって親切なふりして

ワシの財産狙っとるんじゃろ!!

 

助けてもらったら貰ったで金よこせと

言うつもりじゃろ!!

 

そんな手には乗らんぞ!

この子にはウサギの散歩を手伝って

もらってるだけじゃ!!

お前等なんかよりよっぽど信用なるわ!!

 

早く去れ!早く去らないと〇すぞ!!

凄い剣幕で杖を振り乱してベンツをブッ叩こうと

してたので爺ちゃんを羽交い絞めにして

という事なんで早く行ってもらえる?と言うと

 

お、おぉ…なんか邪魔したなと言って去って行きました( *´艸`)w

 

その後の爺ちゃんの一言が面白かった(*´▽`*)w

 

ワシもまだまだいけるな!W

って…w

 

そう言うファンキーな爺ちゃんが居ました

 

見た目はもう本当に仙人みたいな感じで

髭は無いけど髪は白髪のロングだし袈裟みたいの着てたし

不思議な爺ちゃんでしたね(・ω・)

 

でも私が仕事忙しくなって

会えない日々が続いたんですよ(´・ω・`)ウサギにw

 

そうしたらある時…母が爺ちゃんのホームヘルパーに聞いた話

爺ちゃん風呂場で亡くなっていたらしいと聞きました(゚Д゚;)

 

マジか…じゃあウサギはどうなるんだ?

何だったら家で飼ってやろうというと

母も同じ事をホームヘルパーに言ったらしいのです|д゚)

 

すると…そのホームヘルパーが言うには…

小さいウサギは居たのですが…

大きいウサギの方が見当たらないのです…って…(゚Д゚;)

 

大きい方が見当たらない…?

 

はっ!Σ(゚Д゚;;)

 

ま…まさか…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

私の推測ですが…もしかしたら爺ちゃん…

亡くなる前に…あのデカいウサギ…

食ったんじゃなかろうか?と言うこと:(;゙゚''ω゚''):

 

だって…爺ちゃんと話してる時…

【その中でもウサギが一番うまかった】

って言ってたし:(;゙゚''ω゚''):

 

もしかしたら食うために飼っていて

あんなにデカくしたのかも知れませんね…

 

で、デカいのがそろそろ食べごろなので

小さいウサギを飼って食べごろになるまで育てようと

してたのかもしれません…:(;゙゚''ω゚''):

 

とすると…

デカウサギはもしかしたら…

私に懐いていたのではなく助けを求めていたのかも

知れませんね(´;ω;`)ウッ…

 

切ない話になってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ

 

ちなみに小さいウサギは近くの

保育園に行きましたとさ( ノД`)シクシク…

 

またなにか思い出したら書きます(´;ω;`)ウッ…

 

それではまた(´;ω;`)ウゥゥ

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク