何でもTatsuyang’s home

音楽/ゲーム/怪談/愚痴など何でも書きますw

スポンサーリンク

Tatsuyang VS マサ ついに決着の時が?!パート8【最終回】

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

今日の一言

本当は今までの話の間にも色々あったんですが全部書いていたら

長いし大変なので短くしました( *´艸`)w

はい!どうも!Tatsuyangです

 

早速次の日

私達は分担してマサを探しました

 

前回の記事はこちら ↓

www.tatsuyang.com

 

マサのチームの奴が居たら一人でもいいから

捕まえてマサの居場所を吐かせろと言いました

 

皆で分担して探したのですが

マサチームが行くであろう場所には誰一人いませんでした

 

なので、一度行きつけのゲーセンに戻りました

すると、そこにはマサが居るではないですか?!

 

胸ぐら掴んで

お前…どの面下げて来てんだゴラ!

 

いやぁ~参ったよ!

俺の仲間がヨシの事、刺しちゃったから

何故か俺まで事情聴取されてさぁw

まぁ俺のバタフライナイフだったから俺の指紋も付いてたしなぁ

とヘラヘラしていました

 

お前…もともとは自分の仲間だった奴が刺されてんのに

何笑ってんだこの野郎!

 

まぁしょうがねぇじゃん?あいつが勝手にやっちゃったからよ?w

 

お前がちゃんとチーム内の決まりを作らねぇからそうなるんだろうが!!

それにお前が指示したんじゃねぇのか?!おい!

 

俺は何も指示していねぇよ?!

あいつがちょっとヨシをナイフで脅すから貸してって言われたから

貸してやったら刺しやがったんだ!

 

と言っているマサの表情が何かおかしい事に気が付きました

さっきから漂う甘い匂い…

 

こいつ…シ〇ナー吸ってやがる…

 

お前…どんだけ落ちれば気が済むんだ…?

それに他の仲間はどうした?今日はお前ひとりか?

お前等全員潰してやるから呼べや?

 

あぁ…それは無理だ…あいつらはもう居ないし

俺はもう1人だ…w

 

ヨシが刺さた事でお前もさっき言ってたが

俺が指示したと思われてみんなビビって誰も居なくなったw

と、ヘラヘラしていました

 

相変わらずダセェなお前…

もういい加減俺とお前で決着付けようぜ?と言うと

 

いや…もうどうでもいいや…どうでもよくなった…

と、言ってマサが帰ろうとしたその時

 

隣町のマサの仲間が来て…

 

ヨシが一命を取り留めた!

 

というので私達は喜びました

 

そりゃそうだ!あいつが死ぬわけねぇwと皆で喜んでいると…

 

マサは泣いていました

 

良かった…良かった…ヨシ良かった…

 

マサはマサなりに責任を感じていたんでしょうね

自分の仲間が仲間を刺してしまったんですからね

 

それにヨシはもともと隣町に居た時の

小学校時代からの仲間ですからね

 

それをマサは中学に入り自分でも制御出来ないくらいの力を

付けようと、どんどん力でねじ伏せて仲間を増やして

行ったせいでこうなった事をこの時やっと気が付いたんでしょうね

 

マサのチームというのはマサにだけ逆らわなければ

個々に好きな事をやってもいい

ルール無用のチームだったから駄目だったんでしょうね

 

最初にマサにお前は甘いと言われましたが

私から言わせればマサの方が甘かったと思います

 

自分の仲間内でのルールや規律はしっかりしておかないと

暴走する奴って絶対居ますからね

 

…という感じでタイマンせずにマサとの勝負は無くなって

しまいました…w不完全燃焼⊂⌒~⊃。Д。)⊃w

 

これが現実です( *´艸`)w

 

これがリアルだから!

 

これがリアルだから!w

 

・その後の連中

 

みんな自分のやりたい事などに向けて勉強、進学、就職していき

仲間のほとんどが地元から出ないまま普通に仕事をしています

 

(私とマサの仲間合わすと50人近く居ましたが

約半分は塀の向こうに住んでますw

しかもほとんどがマサのチームの連中です(*´ω`*)w) 

 

ヨシはその後、1年近く

病院生活をしてリハビリの末、退院出来ましたが

軽く障害が残ってしまいドラムは叩けなくなってしまいました

その後は高校に行かないで兄の会社で一緒に働いています

 

ヒロはその後、ヒロの姉の彼氏に誘われた会社で

中学卒業後から今まで倉庫番長をしていますw

自分では倉庫番長と言ってますが…

 

1年に1度会うとだんだんホモっぽくなっていますwww

おねぇ化が進んでいます⊂⌒~⊃。Д。)⊃w

 

そしてマサ…

その後あいつの周りには誰も居なくなり

一人で学校生活を過ごしていました

 

そんなマサにまた俺等と楽しくやろうぜと言いましたが

頑なに断り続け、そのまま卒業…今は何をやっているのか分かりません

 

たまに地元に帰ると前の仲間に出会う時があります

そんな時に色々話を聞くのですが…

 

やはり超兄貴、ダイちゃん&ケンちゃんが言っていたように

マサはあの事件の後、シ〇ナーにハマってしまい

そのままマリ〇ァナに行き

今では〇せい剤をやっているという噂をよく聞きます

 

で、もう何度か逮捕されてるらしいよという事でした

どうしてここまで落ちてしまったんでしょうね… 

 

まぁ…と、いう事で最終回でしたが…

なんの落ちも無い話でした…w

 

長々くだらない話を毎日読んでくれて

ありがとうございます(*´ω`*)

 

一日一記事に戻してネタを溜めようと

思いましたが…1記事もたまりませんでした( *´艸`)w

 

なので、どうしようもない思い出話を書かせてもらいました

 

あ、あと一人居ましたね( *´艸`)w

 

・その後のTatsuyang

 

 

 

 

 

 

これは別にいいかw

 

という事で…

また何かしら頑張って書きます(*´ω`*)wでは('ω')ノw

 

スポンサーリンク

WORST コミック 全33巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

WORST コミック 全33巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

 

WORST (1)

WORST (1)

  • 高橋ヒロシ
  • 少年
  • ¥440

 

スポンサーリンク