何でもTatsuyang’s home

音楽/ゲーム/怪談/愚痴など何でも書きますw

スポンサーリンク

Tatsuyangガチギレ!ヨシの身に何が?!パート7( ゚Д゚)【最終前夜】

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

今日の一言

はい…マサの野郎がとうとうやってくれました…|д゚)

はい!どうも!Tatsuyangです( ゚Д゚)

 

ヨシがマサにTatsuyang達の所に行きたい

Tatsuyangとバンドを組みたいと言うと

 

マサはあっさり良いよと言い

その代わり地元でシカトされるし

こっちの仲間とも、もうつるめねぇからなと言われたという事でした

 

あ、こちらが前回です ↓

www.tatsuyang.com

 

それからというものヨシは毎日のように

私達とつるみだして時にはゲーセン時にはスタジオに入って

色々ワイワイと楽しんでいました(゚∀゚)

 

それを見ていたマサと地元のヨシの小学校からの仲間が

面白くねぇ、気に入らないと思い始めたんでしょうね

 

ヨシが毎日私の地元に来る前に軽くちょっかいを出したり

殴ったりしだしました

 

それをヨシは私に話してくれたので

分かった、じゃあ今度は俺らがお前を迎えに

行ってやるよ、今まではお前がこっちに来てくれていたからな

それじゃ不公平だもんなw

俺等が行けば手を出せねぇだろ?と言い

 

私達はヨシが学校終わった時間を見計らって

ヨシの地元の隣町まで迎えに行き隣町や私の地元を行き来して

遊ぶようになりました

 

ヨシの兄も私たちの事を気に入ってくれて

好きなバンドのアルバムを貸してくれたり

ライブに見に来いよと言ってくれるようになりました

 

マサのチームはそんな私達が気にくわないけど

静観するしかないですよね

一人じゃ何も出来ないような連中の寄せ集めですから|д゚)w

 

ヨシの兄も隣町じゃ軽くヤンチャしていましたから

そんなマサのヘタレチームじゃヨシに軽くちょっかい出すくらいしか

出来ませんよねw

 

でも…そんなある時事件が起こりました

 

いつものようにヨシが学校終わるだろう時間を見計らって

仲間と隣町まで行こうとしたら…

 

隣町のマサの仲間が慌てて来て

大変だ!ヨシが…!ヨシが!刺された!!

と、言うのです…

 

私はすぐさま誰にやられたのか?

今ヨシはどこにいるのか?

どんな状態なのか?を聞きました

 

するとそいつは…

 

やったのはヨシの小学校時代からの付き合いの仲間

で、これは恐らくだけど指示したのは…マサさんだという事

 

ヨシが発見されたのはヨシが住んでいる団地の駐車場

その団地にそいつも住んでいたらしい

 

私はさすがに冷静ではいられなくなり

とりあえずヨシの家に行こうと行きました

 

すると、ヨシの兄が泣きながら

来てくれたのか…ありがとうな…

ヨシ可哀そうになぁ…痛かったろうなぁ…俺が変わってやりてぇよ

と言うのでやった奴はどこにいるか聞きました

 

すると、その同級生は警察に連れて行かれたいう事でした

 

ヨシの兄はその日、家に居て団地に救急車が入って

来て騒がしかったから外に出てみたらヨシが運ばれて行くところ

だったという事でした

 

その時ナイフを持ったまま呆然と立ちすくんでる

顔なじみの同級生を見かけたのでお前がやったのか!!と言うと

何も言わずそのまま警察に連れていかれたという事でした

 

その後の調べでその同級生は借りてた漫画を返したいからと

ヨシを電話で下の駐車場に呼び出して

ヨシの後ろから忍び寄って思いっきり背中を刺したという事でした

 

で、場所が場所なだけあって出血が酷く

背中の丁度真ん中

心臓に近い部分まで達していたらしいです

 

発見された時にはもう体の3分の1の血液が出ていて

助かる見込みは半々だという事でした

 

警察はこれは明らかに計画的で明らかに殺意があるという事で

このヨシの同級生は初犯でしたが鑑別ではなく年少(3年間)に送られました

 

なので、私達はお見舞いに行きたいと言いましたが

面会謝絶だから多分無理だぜ…?と言われました

 

ですが、何とか病院を教えてもらって行きました

 

やはり面会謝絶でしたが私達は病室前で

お前の仇をとってやるからな!と言い

 

マサとの最終決戦に挑むのでした

 

次回最終回(やっとかよw)

 

Tatsuyang VS マサ ついに決着の時が?!

 

スポンサーリンク

カメレオン(01)

カメレオン(01)

  • 加瀬あつし
  • 少年
  • ¥440

 

スポンサーリンク