何でもTatsuyang’s home

音楽/ゲーム/怪談/愚痴など何でも書きますw

スポンサーリンク

Tatsuyang少年の事件簿パート5Σ(゚Д゚;)タイトルが変わった!w(内容に変わりはないですw)

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

今日の一言

とうとうマサとのタイマンの時が来ました(´゚д゚`)w

あ、引っ張っといて面白く無いかも知れませんw

はい!どうも!Tatsuyangです(*‘∀‘)

 

開始早々マサはやる気満々( ゚Д゚)

私はぶっちゃけめんどくせぇw

 

前回の続き ↓

www.tatsuyang.com

 

マサはかかって来いよ!オラ!wと余裕をかまして言いますが

私は自分からは仕掛けません(゚∀゚)w

 

右手で来い来いとブルースリーばりにやると私が逆に

余裕をブッこいてると思ったのかオラ!と言いながらかかってきました

 

ですが、これは私の作戦です(*´ω`*)

 

相手が熱くなればなるほど冷静さを失うので

私は相手の攻撃を避けやすくなりますからね

 

マサは空手をやっているのでもちろん当たれば

痛いだろうし、もしかしたら当たったら一撃でやられるかも

しれませんからね

 

私はまず相手の出方を見ました(゚∀゚)

 

大体みんなそうなんですが…喧嘩となるとどうしても

顔を殴ろうとしてくるので冷静さを失った相手だと

避けるのが簡単なんですよね(´゚д゚`)

 

なので、顔を殴ろうとしてきたら避けて

私が逆にカウンター気味に2、3発殴る

 

すると、マサも殴られたからさらに逆上しながら

突っ込んできます(*'▽')

 

利き腕で殴ろうとして来てるのは見て分かりますからね

なので、開いている人間の弱点の腹に前蹴り入れますw

 

マサは苦しんでるときにすかさず腹に膝で2、3発

それでもかかってこようとしますが…立てません

 

腹に良いのが入っちゃうと本当に苦しいですからね( *´艸`)

 

喧嘩の時、ちょっと冷静さを保てば大体、相手の利き腕や利き足が分かるので

殴りかかってくる瞬間、右利きなら右腕が後ろに下がってるのが

分かりますよね?

 

なので、楽に避けられますw

 

おまけに殴りかかってくるとき胸から腹にかけて開くので

そこにカウンターで前蹴り入れればもう大体立てないw

 

私は視力が悪くてボクサーにはなれませんでしたが

格闘のセンスだけはあったと思うんですよねぇ

格闘家になれば良かったと思っています(*‘∀‘)w(視力悪いし駄目だろうw)

 

あっ、良い子は真似しないように(゚∀゚)!

 

 

そこで私はもう分かったろ?お前は俺には勝てない

空手をやってようが今まで喧嘩で負け無しだろうが

そんなのは関係ない、ただ勢いだけの喧嘩じゃ俺には勝てねぇよ?

 

で?どうする?まだやんの?と言うと

 

当たり前だ!勝負はついてねぇだろ!というから

マサの息の根を止めてやろうと思いw

 

片膝ついて苦しんでいるマサの髪の毛掴んで

顔面を思いっきりぶん殴ろうとしましたが…

 

ヒロがTatsuyangもういいだろ?おい、マサももう動けないだろ?

だったらTatsuyangの勝ちでいいだろ?くだらない喧嘩はもう止めて

また皆で楽しくやろうぜ?ちなみに俺はもうやらねぇから棄権する

と、言うとケンゾーも俺も別に上じゃなくても毎日楽しければいい

と言うので

 

だろ?そう思うだろ?何で早く言わねぇんだよボケ共!

誰が上とか下とかくだらねぇだろ?

だからもう止めにしようやというとマサは

 

ふざけんな!俺は納得しねぇ!

俺は負けてねぇ!勝負はついてねぇからな

 

と言いながら

一人で帰っていきました(´゚д゚`)ガキめw

 

本当めんどくせぇ…ほっとくべ…と言いながら

仲間とそのままゲーセンに遊びに行きました

 

それからしばらくマサの姿がありませんでした

 

すると、ある日ゲーセンで遊んでいると

マサが見たことない連中を5人連れてきて

こいつ等俺の仲間と言いました( ゚Д゚)へぇ?で?

 

こいつ等というのがマサが隣町に居た時の

小学校の時の友達みたいで、同級生なのにマサさん!マサさん!

って言わせたりタバコの火を付けさせてました( *´艸`)ダッサw

 

何がマサさんだよwお前w

同級生だろ?タメ語でいいじゃねぇか?

 

と言うとマサが

 

タイマンで俺がこいつ等より一番強いから下の連中は

俺に敬語に決まってんじゃん?

意味の分からないことを言い出しました(´゚д゚`)

 

私は仲間を自分よりも弱いから下だとか、下だからこういう扱いで良いだろう

的な思いのクソ野郎が好きじゃないので…

 

じゃあお前も俺に負けたんだから敬語使えよ?

マサさん?w( ゚Д゚)

 

と言うと、胸ぐらをつかんできて

お前とは勝負ついてねぇだろうが!

と言うので

 

じゃあ今ここでやるか?と言うと

今日はちょっと行くとこあるからまた今度なと言って出ていきました

 

しばらくするとマサがまたまた見たこともねぇヤンキー3人を

連れてゲーセンにきました

 

てめぇら正座しろ!と私の前に座らせて話し出しました(何で俺の前w)

こいつら〇〇中の奴等なんだけどこいつ等の学校

ブレザーなのに俺らと同じ学ラン着てたんだぜ?許せなくね?

 

言うのでいや(´゚д゚`)?俺はお前の言ってる意味が分からねぇw

別に学ランに着たかったんだろ?ならいいんじゃねぇの?w

 

と言うと

本当にお前は甘いよなぁ…

例えばこいつらが学ラン着て悪さするとするだろ?

すると、他の学校や警察とかに真っ先に疑われるの俺等じゃねぇか?!

ふざけてねぇか?というので

 

だから、お前の言ってる意味が分からねぇw

別にこいつ等が学ラン着て悪さしたとしても

俺等には関係ねぇじゃん?やってねえもんはやってねぇし

 

それとも何?疑われんの嫌なの?なら真面目になって勉強しろよw

それともあれか?他の学校の連中や警察にお前ビビってんのか?

 

と、言うと

 

マサまたしても逆上w

 

とりあえずマサ…こいつはもう逆らえないくらいに

徹底的にやらないとわからねぇなと思ったので

ぶっ飛ばしてやろうと思いましたが…

 

またしてもヒロ( ゚Д゚)お前…いつも邪魔するな…

 

ちなみにこいつ等どこで見つけたんだ?

 

この前仲間と歩いてたら見たこともねぇムカつく奴が

歩いていたからどこ中だと聞いたら〇〇中って言いやがるからさぁ

 

お前ん所ブレザーだろう?この野郎ってぶっ飛ばしたら

お前等ぜってぇ許さねぇ改めて日を変えて

やり合おうと言われたから仲間と今日行ってきた所で

そのままこいつ等連れてきた

 

というので…

 

お前…そんなくだらねぇ理由で喧嘩売ってんの?

仲間がやられたとか、向こうから喧嘩売って来たとか

ちゃんとした理由が無いのに自分から喧嘩吹っ掛けてんの?

お前いい加減ダサすぎじゃね?

と言うと

 

俺には俺のやり方があんだよ!

一番簡単で分かりやすいやり方だと思わねぇか?!

 

タイマンで誰よりも強ければ一番!

俺が喧嘩に勝てばそいつは俺の下に付く

一番簡単で分かりやすいだろ!何がいけねぇんだ?!

 

というので、もう私は限界でした

 

もうさぁ…俺、お前とはつるめねぇよ

俺にはお前の言ってる事、考えてる事、やってる事が分からねぇ

 

タイマンで勝って本当の仲間と呼べるか分からねぇ連中をどんどん増やして

いつ崩れるかも分からねぇサル山のボス猿にでもなりてぇのかよ?お前?

 

くだらねぇよ…

 

ただ毎日笑いながら面白楽しくバカやってるだけじゃ嫌なんだろ?

 

だったらもう俺はお前とはつるめないから

俺の前から消えてくれ

 

と言うと

 

舌打ちしながら

 

あぁ!分かったよ!

でも、お前とは勝負ついてねぇからな!

やる時また来るから逃げんなよ?

 

ちなみに俺のところに来る奴いるか?!

 

Tatsuyangと居ても暴れられねぇぞ!

俺がもっと仲間数増やして

デカくしてやるから俺ん所に来たい奴はいつでも来い!

 

と言いながら出ていきました

 

〇〇中の3人を残したまま…(゚∀゚)w

 

っていうか…まだ居たの?

帰っていいよ?(゚∀゚)w

 

あ、話聞いてたと思うけど…

 

あいつが勝手にお前等とやり合っただけで

今ここに居る連中は何も関係ねぇからな?

 

ここに居る連中の一人でも誰かにやられたら…

お前等その時は覚悟しとけよ?

 

と言い帰しました

 

私はマサとの言い争いの最中からずっと気が付いていましたが

その〇〇中の3人の中の一人がずっと私にガンたれていたのを

知っていましたがシカトしていました

 

この数日後…まさか私にこんな事が起こるとは思ってもいませんでした…

 

次週Tatsuyang少年に忍び寄る鈍い光を放つ物を持つ影

(長っ!!wおまけにまだ続くのかよw)

 

長くなったのでまた明日( *´艸`)

 

スポンサーリンク

クローズ 全26巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

クローズ 全26巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

 

スポンサーリンク