何でもTatsuyang’s home

音楽、映画、漫画、アニメ、ゲーム、怪談、愚痴など色々言いたい事言って行きたいと思いますw

スポンサーリンク

東日本大震災からもう6年なんですね|д゚)…の続き

スポンサーリンク

今日の一言

帰れる人は帰っていいというので単車を走らせました…

はい!どうも!Tatsuyangです(;´∀`)

 

こちらの続きです ↓

www.tatsuyang.com

 

会社兼倉庫を出ると案の定、道路は液状化で

デコボコしてるし水や砂、ヘドロみたいのが至る所に

ある状態で単車を走らせていると跳ねてく跳ねてくる(;´∀`)w

 

海岸沿いの道路なので車はほとんどいなかったのですが…

国道に出て衝撃を受けました…Σ(´∀`;)

 

車車車…轟です(;゚Д゚)www

 

車だらけで全然進まない…

 

歩道には帰宅難民がぞろぞろ歩いてました

 

私は路肩を行くことにしました(;´∀`)

すると、先ほど暴言を吐いた若い兄ちゃんがまだ

国道に居ました(;´∀`)だから言ったろ?道路は動かないって…w

 

なので、路肩を飛ばして私は帰路を急ぎました

 

本来なら私の家まで単車で20分~30分で着くのですが

この日は2時間近くかかりました(;´∀`)

 

ずっと繋がったまま動かない車のテールランプを見ながら

風の谷のナウシカの王蟲(オーム)を思い出しました(´;ω;`)

 

スポンサーリンク

 

やっとの事、家に着きテレビで情報を集めなければならない

と思いテレビを見ていました

 

すると、スマホが繋がりにくくなっていたのが

軽く解消したらしく彼女(現の奥さん)からメールが来てて

仕事場から帰れないという事だったので…

 

単車でまた出る事になりました…w

 

彼女が当時働いていたのが私が働いていた場所より遠かったので

車で動かない道路の路肩を走って4時間くらいで着き

 

彼女を駅前で見つけ今度は彼女の家まで送りる羽目に…(;_:)疲れた…

 

で、その帰りがクソ混んで5時間くらいかかり彼女の家に送り

帰ろうと思ったら彼女の母親がもう泊まっていけと言うので

そうしました(;´∀`)時間を見ると深夜回ってましたからねw

 

次の日起きてニュースを見てると

原子炉が爆発したとか津波とか

凄い衝撃的な映像ばかりでめまいがしました(;´∀`)

 

おまけに私の田舎、福島の原子炉ですからね

田舎の親戚とか心配でしょうがなかったです

スマホは相変わらず繋がったり繋がらなかったりで

連絡も出来ないし(;´∀`)

 

 

 

おまけに水が出ない、食料が売ってない、ガソリンは無い

物資は届かないで地震の後の二次被害というんでしょうか?

普通の生活もままならない生活がしばらく続きましたからね(´;ω;`)

 

結構、震源地から離れているこちらの地域で

この状態だから現地はもっと大変なんだろうなと思いました

 

その後も電気の供給がままならないという事で

輪番停電なるものも体験しましたし

 

詳しくはウィキペディアへ(>_<)

 

ウィキペディアより

輪番停電 - Wikipedia

 

普通に暮らせているのが当たり前だと思っていた生活が

一変したのでこんなにも生活が回らなくなるもんだなぁと改めて

思いましたね(;´∀`)

 

普通に暮らせている現状に感謝しないと

と思うようになりました(/ω\)

 

食べ物や電気、水もそうです

今まで普通に買えば食べれたし水道を捻れば水が出るのが

当たり前でしたからね

 

でも…当たり前の事なんて無くて

それがいつ無くなるかも知れないし

手に入らなくなるかも知れない

 

人もそうですよね?

家族や友達、恋人なども居て当たり前だったのに

じゃあまた明日と言って別れたのに

次の日には居なくなってしまうかも知れない世界です

 

そう思うようになってからは

食べ物も残さないようにしてるし

家族や友達、彼女(現の奥さん)など大切にしてるし(自分なりにw)

 

あって当たり前、居て当たり前の世界ではない事を

まざまざと見せつけられましたからね(´;ω;`)

 

本当に自然の猛威はすさまじいですよね…

 

またいつ、どこで、どうなるか分からない世界なので

地震に備えて準備もそうですが…

普段から食べ物や自分の周りの人を大切にしないと

いけませんね(´;ω;`)

 

そう思うように考えさせられた出来事でした

 

今も避難してる人や自分の家に戻れない人達も居るので

早く戻れるようになると良いですね(´;ω;`)

 

自然は怖い(/ω\)

 

それではまた('ω')ノ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク