何でもTatsuyang’s home

音楽、映画、漫画、アニメ、ゲーム、怪談、愚痴など色々言いたい事言って行きたいと思いますw

スポンサーリンク

私が建築現場の新築物件を掃除(クリーニング)していた時の話(*´ω`*)(怖い話)

スポンサーリンク

今日の一言

当時現場で10代は私だけでした( *´艸`)

それはそれで面白かったですけどね(*'▽')

はい!どうも!Tatsuyangです 

 

私は中学卒業してガススタ→溶接屋→室内清掃(クリーニング)

を始めました(*´ω`*)

 

当時10代で現場仕事をしている人が居なかったのですが

何気に楽しかったですヾ(≧▽≦)ノ

 

最初の方に行った現場は今もあるのかなぁ?

千葉県の九十九里浜の海沿いにあるT字の形をした

ホテル?宿泊施設?でした( *´艸`)ここまで言っちゃまずいかな?w

 

そこで仕事をするのですが私たちが入るころには

内装とかほとんど終わった状態の部屋を掃除する

最終クリーニングでした(*´ω`*)

 

 

 

なので、ほとんど現場には職人さんもいない状態で

居ても現場監督か室内のクロス屋(分からない人の為に壁紙屋さんです)

本当は終わってないといけないフローリング屋さん(床)

あとはシステムキッチン屋など、残っていてもそれくらいでした

 

現場の作業工程としまして上の階から終わった時点で鍵を閉め

最後は下の階を終わらして鍵を閉めて誰も入れないようにして

現場監督に鍵を返してそのまま終わりみたいな感じでした( *´艸`)

 

なので、次、鍵を開けるときは人が見学に来るときや

そのホテルの支配人などが見に来る時以外は開けない

ようにしていました

 

スポンサーリンク

 

その仕事の流れを把握していたので

1人1室担当して終わったら鍵を閉めて次の部屋と

いう流れでやっていました(*´ω`*)

 

そのホテル?宿泊施設?は10階建てくらいだったかなぁ?

端から端まで20~30室位ありましたかねぇ

 

なので、私が1001室担当したら隣の1002室を

掃除屋の社長がやってその隣がうちの社員と言う感じで

横並びでやっていました( *´艸`)

 

その現場はさすがに1日では終わらないので

しばらく通っていました(´゚д゚`)

 

それで最終日に掃除が終わり現場監督に鍵を返して

3階の物入れを道具置き場にさせてもらったので

自分達の掃除道具を片付けているときに

まだエレベーターなども動かしていなかったので

階段で上り下りして片付けていました(´゚д゚`)

 

スポンサーリンク

 

すると、私が道具を持って2階に下りた時に

4~5歳位の小さい子供とすれ違って

あれ?ここまだオープンしてないし

勝手に入ってきたのかなぁと思っていました

 

で、私の前に社長が居たので今子供とすれ違いましたよね?

というといや誰も居ないだろ?

というので見渡してみると誰もいませんでした(´゚д゚`)w

 

まぁ見間違いかも知れませんが…

 

新築の建物でもそういう事があるんだなぁと

思った出来事でしたね(*´ω`*)

 

それではまた

www.tatsuyang.com

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク