何でもTatsuyang’s home

音楽、映画、漫画、アニメ、ゲーム、怪談、愚痴など色々言いたい事言って行きたいと思いますw

スポンサーリンク

今日はちょっと真面目な話(´・ω・`)【田舎のじいちゃん】

スポンサーリンク

うちのじいちゃんは6年~7年前に亡くなったんですが

確か100歳近く生きていたと思います(*'▽')

 

亡くなる4年~5年前位から

痴呆症が進んでしまったらしく

老人ホームと病院とを行き来していたみたいです('ω')

 

自分は若いとき母子家庭だったというのもあり

ほとんど家に帰らず

遊びまわっていたので田舎には小学6年生頃から

行っていませんでした

 

つい最近になって思い出したのですが

うちのじいちゃんは戦争にも行っていたらしく

田舎に行くとよく

 

(戦争なんてやるもんじゃない)

 

と言っていたのを思い出しました

 

自分はじいちゃんがそう言う度に

(じいちゃん弱いな!俺だったらバンバン!敵倒すよ?)

と言っていたのですが(ガキだったのでw)

ある程度大人になっていくにつれて

戦争は怖いものだなと思うようになりました

 

そんなある時、戦争が終わって

何十周年っていう特番がやっているのをみて

戦争経験者から話を聞くという番組がやっていました

 

その番組を見たときに

あ、うちのじいちゃんも経験者だったな!と

思い出して母親にじいちゃんは元気か聞いたんですが…

もう痴呆症が進んでるからまともに話せないと聞いて

身近な戦争経験者からは話が聞けなくなってしまい

もっと田舎に行ってれば…

もっとじいちゃんの話を聞いていればよかったなと

後悔だけが残ってます_(:3 」∠)_

 

一年に2~3度、母親はじいちゃんに会いに行ってたの

ですが、痴呆症なので自分の娘の事も覚えていない

噛みつく、引っ掻く、唾を吐きかけるなど

するそうみたいでしたが

それでも入院先に行ってたみたいです

 

何時間か居た後に帰ろうとすると

毎回帰り際に娘を思い出して

涙を流しながら名前を呼ぶ事があったみたいです

 

痴呆症でもふと、思い出すことがあるんですね

 

戦争の体験は相当なトラウマだったらしく

母親が子供の頃、じいちゃんは夜な夜な叫び起きたり

フラッシュバックしてガタガタ震えだしたり

していたみたいです

 

相当な恐怖だったんでしょうね…

 

と、ふとじいちゃんを思い出したので

書かせてもらいました_(:3 」∠)_

 

平和な世界の方がいいですよね('◇')ゞ

戦争はゲームの中だけで十分ですねw( *´艸`)

 

それではまた('◇')ゞ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

 

スポンサーリンク

父親たちの星条旗 [Blu-ray]

父親たちの星条旗 [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク